7月1日、東小の子どもたちが泥んこになって植えた田苗たち。

子ども達同様すくすく成長中!

稲穂が見えてきました!

白いピロって出ているのが稲の花です!

実は私、初めて見ました。稲の花。かわいいですね。

2ヶ月前はあんなに貧弱な田苗だったのに、もうこんなに成長しているんですね。

いろんなお野菜の作物とは違って、稲は手入れというか、作の管理がずいぶん違うんだと思いました。

お野菜は普通、播種し、定植した後手入れをしたり追肥や消毒、水やり草取りなど、まめにちょこちょこ畑に入ってお世話をしなければなりません。稲は土作りの段階で肥料をドンと入れるので追肥なし、草取りなし。その代わり、何度も土手切りをしなければならないし、水の管理は毎日…。

お野菜の栽培管理はなんだか女性的、稲作は男性的。あくまでも個人的主観ですがそう感じました。