DSC00210 (600x800)

しょうがのうんちく

 ”生姜”という漢字が使われるようになったのは、江戸時代といわれます。”姜”という字の成り立ちを見てみると「羊+女」です。かつて羊は貴重な動物だったので’羊=めでたい、美しい、美味しい’という意味をもち、したがって”姜”は美しい女性という意味があるそうです。生姜の力を借りて健康で美しくありたいですね。